ホーム 診療内容 うつについて 統合失調症について カウンセリング 入院案内

管理栄養士および栄養士

 

栄養給食部は患者様の食事を提供しています。

また栄養相談を受けたり、食事指導を行います。

食べ物は、心を作る材料となり、心に大きな影響を与えます。

そのため私たちは、食事を取る喜びと、おいしさを提供していきたいと考え、季節感を味わっていただけるように、旬の素材を使用した献立や行事食を提供しています。

また、「医食同源」と言う言葉もあるように、治療効果を上げるためにも、少しでも食べていただけることを大切とし、可能な限り嗜好に合わせ、個人対応をさせていただいています。

さらに温かい物は温かく、冷たい物は冷たく味わえるよう温冷配膳車を導入し、よりおいしく衛生管理に配慮しています。

 

メニュー

給食のメニュー

(クリックすると大きくなります。)

★ひな祭り おはぎ サンドイッチ チキンオムライス
ひな祭り おはぎ サンドイッチ チキンオムライス
ビビンバ ポークステーキ メンチカツ 鶏の甘酢煮
ビビンバ ポークステーキ メンチカツ 鶏の甘酢煮
★月見うどん ★五目寿司 ★三色丼 ★焼きそば
月見うどん 五目寿司 三色丼 焼きそば
★節分 ★天ぷら2 ★唐揚げ ★野菜カレー
節分 天ぷら 唐揚げ 野菜カレー

 

毎月1日は、お赤飯

週1回は、麺類

第2・第4日曜日は、パンの献立

月2回は、大人気のカレ−ライス

お寿司やお菓子も手作りで作っております。

朝食は、ご飯食かパン食を選べます。

旬の素材を使ってメニュ−の中に季節感を反映し、おいしいだけでなく、感性に呼びかける盛りつけを行っております。

 

お弁当のメニュ−

デイケアの諸外活動・市内観光や、また病棟のバスハイクの時などに準備しております。

健やかな心と体は、食事からまずは自分自身の生活習慣(ライフスタイル)を見直してみましょう。

健康に影響を及ぼす生活習慣の要因を理解し、健康的なライフスタイルを身につけましょう。

(クリックすると大きくなります。)

お花見弁当 縁起弁当 うな重弁当 食物繊維たっぷり弁当 日の丸弁当

 

 

イベントのメニュ−

デイケアで、初めてバイキングを行いました。

台風接近で中止になるかもしれないとドキドキしましたが、晴天に恵まれ、多くのメンバーさんが参加されました。メンバーさんも楽しみにしていたそうですが、スタッフも初の試みに成功できるかとても意気込んでいました。

手作りのランチョンマットを用意し、ジャズの音楽をかけて、普段より華やかな雰囲気の中、自分で好きなおかずを取り分けてもらいました。

朝早くから厨房で働いているスタッフに目の前で、料理をつぎわけている姿に、「いつもおいしい食事をありがとうございます」と、お礼を言ってくれる人もいて、お互いが笑顔になれた一日でした。

メンバーさんにも大変好評でした!

次回も、楽しいイベントを予定しています。

 

温冷配膳車

温冷配膳車

冷たいものは冷たいまま、 温かいものは温かく味わえるように温冷配膳車を導入しました。

病院での食事について

管理栄養士をはじめとして、栄養管理計画書を作成し健康状態や栄養状態をよりよい状態へ改善・維持していけるように提案しています。
一般食と特別食があり、症状に応じて医師が食事箋を出します。

院内の厨房ではバランスのとれた、おいしい食事を作っております。

都道府県の免許を受けて、栄養士の名称で利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等の栄養の指導に従事する者を言います。

(栄養士法 第1条1項)

 

調理師

調理師の名称を用いて調理の業務に従事することが出来る者として都道府県知事の免許を受けた者を言います。

(調理師法 第2条)

 

心と育ちの食事5か条

1.体で感じるおいしい食事

2.みんなでいっしょに楽しい食事

3.育ちといのちを感じる感謝の食事

4.つくって楽しむみんなで食事

5.過去から未来へと伝える食事