ホーム 診療内容 うつについて 統合失調症について カウンセリング 入院案内

 

 

 ●神経発達症(発達障害)はうつ病を誘発しやすい

 

 

 次第に対人関係やグループでする仕事が辛くなり、落ち込んで
うつ病となることがよくあります。当院外来に来られる患者さんで
うつになって会社を休んだ方や、嫁ぎ先の義父母とうまく折り合え
ない人の中には、神経発達症を根底に抱えている方が、予想以上
に多いことに気づきました。会社で仕事が遅い、ミスが減らない等が
続くと、気持ちは落ち込みます。さらにそれらのために仕事を任せて
もらえない、仕事チームに加えてもらえない等となると、ますますうつ
となり、長期休職に繋がることもあります。うつ病には抗うつ薬や心
理療法で対処します。同時に根底にある神経発達症を専門薬物療
法や生活指導によって治療しないと、同じことを繰り返してしまいます。
   

 

 おとなの神経発達症はこどもの神経発達症と、必ずしも同じでは
ありません。最近の研究で、神経発達症のこどもが成人すると症状
が軽くなるケースや、成人して神経発達症と診断されるケースがあ
ることが、徐々に明らかになってきました。こどもの神経発達症は
小児精神科・心療内科クリニックで専門領域とされているところが
ありますがおとなの神経発達症はその専門病院を訪ねることを
お勧めします。